キャンプ キャンプ場

「ソロキャンにもおすすめ!」道志村の「オートキャンプinむじな」を初めて利用する方向けに説明します!

本記事はこんな方におすすめ!

  • 道志村のおすすめキャンプ場が知りたい方
  • プライベート感があるキャンプ場を探している方
  • トイレが充実してるキャンプ場を探している方
  • 道志の森キャンプが入れなくて困っている方

今回は道志村にあるキャンプ場「オートキャンプinむじな」について説明します。

道志村は日本で1番キャンプ場が多い村と言われています。

道志村のキャンプを運営している方に聞いたら、どんどん新しいキャンプ場ができているそうです。

キャンプ場がたくさん増えている中で、キャンプ場が多すぎて選ぶのが大変だと思います。

なので道志村のおすすめキャンプ場として、「オートキャンプinむじな」がどんなキャンプ場なのか紹介していきます。

ちなみに私がオートキャンプinむじなと出会ったきっかけは道志の森キャンプ場が激込みしてて、入れなくて困っていた時に出会ったキャンプ場です。

私と同じように道志の森キャンプ場が混んでいて、入れなかった方は是非読んでみてください。

文章で読むのが面倒と感じた方はYoutubeでも紹介しているので是非観てください↓

道志村にあるオートキャンプinむじなについて

オートキャンプinむじなは道の駅の近くにあります。

道の駅からキャンプ場まで歩いて4.5分ぐらいで行ける場所にあります。

住所:〒402-0201 山梨県南都留郡道志村9707

キャンプ場近くの道の駅は結構広くて、レストラン的な場所もあり、いろいろ売っています。

野菜や特産品などいろいろ売っているので、食材の買い足しが簡単にできます。

キャンプ場内はとてもすばらしい空間になっており、区画サイトのようにエリア分けされています。

この広さで1区画です

しかし普通のキャンプ場とは違い、オートキャンプinむじなは区画サイトのように分かれていますが、普通の区画サイトと違いサイト同士が隣接していないのでプライベート感がすごくあります。

区画は山の地形を生かして段々畑のように区画が点在しているので、プライベート感がよりあります。

そして区画エリアによってはエリア内に専用の水道が常備されている場所もあります。

この水道がとても便利です。洗い物を水に浸けて置けるので本当に便利でした。

自分のエリア内に炊事場があることにより、プライベート感をさらに感じましたね。

プライベート感があるので、ソロキャンで行っても周りの目を気にせずに楽しむことができるキャンプ場です。

なのでオートキャンプinむじなはファミリーキャンプ・グルソロ・ソロキャンでも楽しむことができるキャンプ場です。

ちなみに区画サイトの広さは各サイトによって違います。

利用人数によって管理さんが振り分けているようです。

オートキャンプinむじなの利用料金について

オートキャンプむじな 利用料金について
テント台/1張 ※1 1,000円
大人(中学生) 800円
子ども(3歳以上) 600円
駐車料金 1,000円

※1公式ホームページだとオートキャンプ1台/1000円という表記になっていますが、テント台の事です。

計算の仕方の例として

大人3人 テント2張り 車2台だった場合は

2,400円(大人3人分)+2,000円(テント2張り)+2,000円(車2台)=6,400円です。

オートキャンプinむじなの予約方法

予約は電話のみです。

電話番号は公式ホームページから確認してください。

受付時間が8:00~18:00です。

道志村にあるオートキャンプinむじなのチェックイン&アウトについて

チェックイン:13:00~

チェックアウト:12:00まで

余裕があるなら事前予約がおすすめです。

ちなみに私が利用した時は、道志の森キャンプ場が入れなくて急遽当日に利用させてもらいました。

空いていれば当日予約でも対応してくれます。

ここのキャンプ場の方はとても人が良いので安心して利用できます。

道志村にあるオートキャンプinむじなの設備について

オートキャンプinむじなにある設備について説明していきます。

トイレ

トイレはキャンプ場内に2か所あります。

オートキャンプinむじなのトイレはウォシュレット付きです!!

キャンプは不便を楽しむものですが、トイレはウォシュレット付きがいいと私は思っています。

なので本当にありがたいですね。

ちなみにですが、リニューアルしたトイレです↓

炊事場

炊事場は確認サイトというか、区画に設置されています。

水道が設置されてないサイトもあるようですが、ない場合は別の炊事場を使ってください。

コンセント

コンセントはキャンプサイトについています。

利用料金として追加で1,000円払えば使う事ができます。

受付

受付では薪や炭の販売をしています。

2021/11/20の時点では薪の販売値段が450円でした。薪の量からみてお値打ちだと思います。

自販機

自動販売機は2種類あり、飲み物の自動販売機とアイスの自動販売機があります。

アイスの自動販売機はかなり人気なのか、私が行った時はすべて売り切れでしたね。

アイスが食べたければ、近くの道の駅まで行くので無難かもしれないです。

灰捨て場

灰捨て場は自動販売機がある建物にあります。

受付からも近いです。

オートキャンプinむじなはゴミは持ち帰りですが、炭・灰は捨てる事ができます。

道志村にあるオートキャンプinむじなの周辺施設

オートキャンプinむじなから近い周辺施設を紹介します。

道の駅「どうし」

オートキャンプinむじなから徒歩で5分ぐらいの場所に道の駅があります。

ここの道の駅は売店もあるので何か買い忘れがあれば追加購入ができます。

また、売店では特産品も売っているので、朝食用の漬物など現地で調達してキャンプ飯にするのも楽しいです。

レストランもあるのでご飯を道の駅で食べる事もできます。

私が道の駅に行った時は屋台が出ていて、イノシシ汁や豚串など販売していました。

営業時間は

売店:9:00~18:00

キッチン:9:00~17:30(ラストオーダーが17:00)

道志の湯

オートキャンプinむじなから車で10分ぐらいの場所にあります。

営業時間は11:00~19:00(最終受付 18:15)

最終受付が早いので利用される方は早めに行きましょう!!

セルフ薪ショップきこり

オートキャンプinむじなから車で5分ぐらいの場所にあります。

キャンプ用薪が1束250円で販売しています。

ただ時期によって置いてない場合もあるようです。

道志村にあるオートキャンプinむじなを利用した感じたおすすめポイントと注意点

実際にオートキャンプinむじなを利用して感じたおすすめポイントと注意点について説明します。

おすすめポイント!

プライベート感

テントエリアは山の斜面を利用してつくられていて、それぞれ各サイト木々で囲まれているので周りのキャンパーを気にすることなく利用できます。

山の斜面を使った段々畑のようなサイトなのでプライベート感を楽しめます。

ソロキャンでも周りの目を気にしないで利用できるので、すばらしいキャンプ場ですね。

サイトごとの炊事場

全てのサイトについているのか確認したわけではないですが、ぱっと見た感じは水道付いているサイトがほとんどでした。

自分の利用しているエリア内に自分専用の炊事場があるとめちゃくちゃ便利です。

普通のキャンプ場だと自分のテントから炊事場まで距離があると手間だと感じる事ってあるじゃないですか?

それが自分のいるエリアに付いているって感動ですよ!!

ご飯を作るのに使って調理器具を水に浸けて置いておくこともできるので本当に便利です。

炊事場の距離が近いとこんなに便利なのかと初めて感じましたね(笑)

トレイがキレイ

トイレは2か所あり、新しく改装されたトイレもあります。

トイレは新しく改装されたところはウォシュレット付きです。

受付の横にあるトイレはウォシュレット付きの洋式のトイレと和式トイレが1つずつあります。

トイレがキレイなキャンプ場はポイント高いですよね!

注意点

オートキャンプinむじなを利用した感じた注意点について説明します。

車の音が聞こえる

道の駅が近い事もあり、車やバイクが通る男が聞こえます。

私的にはぜんぜん気にならなかったです。

遠くから聞こえてくる音なので、遠くで雷がごろごろ言っているような感覚ですかね?

日中は道の駅の出入りも多いので気になる方は気になるかもしれないです。

予約時に・・・

キャンプ場を予約する際にキャンプする区画を指定することもできるそうです。

ただその時の状況によって指定できない場合もあるそうですが、予約時に伝えないと向こうの方が割り振るので希望があれば事前に伝えましょう。

まとめ

2021年はいろいろなキャンプ場でキャンプしましたが、オートキャンプinむじなが1番好きなキャンプ場かもしれないです。

それぐらい雰囲気も良く、グルソロをするには最高のキャンプ場でした。

近年のキャンプブームにより、オールシーズン人がいるような状態です。

キャンプ場によっては隣の人とかなり距離が近いキャンプ場もあります。

せっかく自然の中でキャンプをするなら他の人の気配を感じないでキャンプしたいじゃないですか?

なので少しでもプライベート感があるキャンプ場が好きなのでオートキャンプinむじなは理想のキャンプ場でした。

道志村でキャンプ場を探している方は是非利用してみてください。

-キャンプ, キャンプ場
-, ,

Copyright© Arkブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.