キャンプ キャンプ場

「必見」実際に利用してよかった山梨県内のおすすめキャンプ場5選を紹介します!!

この記事はこんな方におすすめ

  • 山梨県内でキャンプ場を探している方
  • キャンプ場選びに失敗したくない方
  • 山梨県内のおすすめキャンプ場を知りたい方

今回は山梨県内で、私が行った中でも、特におすすめしたいキャンプ場5選を紹介します。

2022年のキャンプライフがより楽しくなるように、実際何度も利用しているキャンプ場を紹介します。

今回紹介するキャンプ場はどのキャンプ場もとても素晴らしいキャンプ場なので是非行ってみてほしいです!!

隠れ家的なキャンプ場「精進湖自由キャンプ場」

Youtubeでも紹介しています!

基本情報

  • 住所:〒401-0336 山梨県南都留郡富士河口湖町精進
  • グーグルマップ:https://goo.gl/maps/nKHYUqwhyMc7Q76g8
  • ホームページ:なし
  • 料金:1人900円 駐車代1台1,000円
  • 営業期間:冬季休業
  • サイト種類:フリーサイト
  • 予約の有無:予約はできない
  • チェックイン:9:00~17:00
  • チェックアウト:フリー

精進湖自由キャンプ場は名前の通り、精進湖の湖畔沿いでキャンプができるキャンプ場になります。

精進湖自由キャンプ場はホームページがないので、精進湖自由キャンプ場のことを知らない方や、利用方法が分からない方も多いです。

なのでタイミングによってはかなり空いているのでおすすめです。

景色もとてもキレイで、キャンプ場からは富士山は見えませんが、湖畔沿いを少し歩くとキレイな富士山を見る事ができます。

精進湖自由キャンプ場はバス釣りやフナ、コイ、ワカサギ釣りを楽しめるキャンプ場なので釣りが好きな方、キャンプと釣りを同時に楽しめるキャンプ場です。

精進湖自由キャンプ場のおすすめポイントについて

実際に利用して感じたおすすめポイントを3つ紹介します。

①金額が安い

利用料金が1人900円と駐車代1台に付き1000円です。

複数人で行く場合だとかなり安く済みます。

2021年の夏ごろに値上がりしてしまいましたが、値上がり前は駐車代も込みで800円で利用できました。

値上がりしたとはいえ、十分に安いですね。

②フリーサイト

精進湖自由キャンプ場はフリーサイトです。

精進湖自由キャンプ場

グルソロなどする場合とても利用しやすいです。

精進湖自由キャンプ場は予約もできないキャンプ場なので、利用する方がに少くないときもあります。

ハイシーズンだとかなり混みますが、去年は利用することはできましたね。

キャンプブームの影響もあるので、ハイシーズンはどれだけ混むか読みにくくなっていますが・・・

③釣りも楽しめる

精進湖自由キャンプ場は湖畔沿いでキャンプをする事ができ、キャンプと一緒に釣りを楽しむことができます。

私はバス釣りもするので、よく精進湖を利用しています。

精進湖は富士五湖の中でも釣りやすい場所です。

精進湖自由キャンプ場について興味がある方は別の記事で詳しく紹介しているので見てください。

冬でもキャンプができる夜景がキレイなキャンプ場「黒坂オートキャンプ場」

Youtubeでも紹介しています。

基本情報

  • 住所:〒406-0852 山梨県笛吹市境川町大黒坂1070
  • グーグルマップ:https://g.page/kurosaka-auto-camp?share
  • ホームページ:http://www.kurosaka.net/
  • 料金:2000円~
  • 営業期間:通年営業
  • サイト種類:区画サイト
  • 予約の有無:ホームページ・電話・メールにて可能
  • チェックイン:13:00~16:00
  • チェックアウト:12:00

黒坂オートキャンプ場は通年営業しているので、冬の時期でも利用することができます。

サイトはすべて区画サイトになっており、事前予約するときに場所してもできます。

料金はシーズンや、平日、休日で料金変動があり、ホームページから確認できました。

予約の状況次第ですが、アーリーチェックインとレイトチェックアウトもできるようです。

予約するときに事前確認をした方がいいですね。

黒坂オートキャンプ場のおすすめポイントについて

利用して感じた黒坂オートキャンプ場のおすすめポイントを3つ紹介します。

①夜景がキレイ

黒坂オートキャンプ場から見える夜景がめちゃくちゃキレイです!!

キャンプをしながら見る冬の夜景は最高ですね。

②通年営業

山梨県のキャンプ場って道路の凍結や水道が氷ってしまうため、冬に営業しないキャンプが結構あります。

黒坂オートキャンプ場は通年営業しているので、冬にキャンプを楽しむことができます。

冬に見る夜景や、景色は最高ですよ!

③トイレがキレイ

トイレって大事じゃないですか?

いくらキャンプとは言っても設備がキレイな方がうれしいですよね。

トイレは和式と洋式両方あり、とてもキレイに管理されていました。

トイレや設備がキレイに保たれていたので、隅々までキャンプを楽しむことができましたね。

黒坂オートキャンプ場の雰囲気や利用するときの注意を別の記事でまとめてあるので、興味があれば読んでみてください。

直火ができるキャンプ場「本栖湖キャンプ場」

Youtubeでも紹介します!

基本情報

  • 住所:〒401-0337 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18
  • グーグルマップ:https://goo.gl/maps/aqqJGhY7EHn9yk8o6
  • ホームページ:https://www.motosuko-camp.com/
  • 料金:2,000円~
  • 営業期間:冬季休業
  • サイト種類:フリーサイト
  • 予約の有無:予約はできない
  • チェックイン:8:00~
  • チェックアウト:12:00

本栖湖キャンプ場はすべてフリーサイトになります。

予約ができない為、場所は早い者勝ちになりますが、とても広いキャンプ場なので朝から行けば問題なく利用できると思います。

本栖湖キャンプ場は本栖湖の近くなので、昼間は本栖湖で水遊びをしている方も多いですね。

キャンプ場は森林の中にあり、とても雰囲気の良いキャンプ場です。

本栖湖キャンプ場のおすすめポイントについて

本栖湖キャンプ場のおすすめポイントを3つ紹介します。

①直火OK

最近直火ができるキャンプ場が減っている中、本栖湖キャンプ場は直火OKです!!

キャンパーなら誰しも1度は憧れますよね?

自分で石を組んで竈のようにして焚き火を楽しむ事もできます。

山梨県内でも直火ができるキャンプ場は減ってきています。

マナーが悪いと本栖湖キャンプ場も直火禁止になるかもしれないので、直火をした後はしっかりと片付けをしましょう。

②森の中で雰囲気がいい

森の中のキャンプ場ってめちゃくちゃ雰囲気いいですね。

朝はひんやりした空気が本当に気持ちがいいです。

朝早く起きて、森の中でコーヒーを淹れたら最高です。

想像しただけでテンションあがりますね。

③フリーサイト

本栖湖キャンプ場は全面フリーサイトです。

なので、グループでキャンプをするときに、何区画借りないとダメなのか考える必要がありません。

しかも駐車代はかからないので、グループでのキャンプととても相性がよいです。

そして、ソロキャンしても楽しめるキャンプ場です。

本栖湖キャンプ場の雰囲気や利用して感じた注意事項など、詳しく別の記事でまとめてあるので、興味ある方は読んでみてください。

広々とキャンプができるキャンプ場「近ヶ坂キャンプ場」

Youtubeでも紹介してます。

基本情報

  • 住所:〒402-0046 山梨県都留市中津森
  • グーグルマップ:https://goo.gl/maps/ZbqVi9BDoX335z4s9
  • ホームページ:https://www.chigasaka-camp.com/
  • 料金:大人1人2,000円 子ども1人1,000円 別途オプション
  • 営業期間:不定休
  • サイト種類:区画サイト
  • 予約の有無:電話予約
  • チェックイン:12:00
  • チェックアウト:11:00

近ヶ坂キャンプ場はすべて区画サイトになっています。

区画サイトはとても広いスペースで、ソロテントを3張立てても余裕がある広さです。

区画サイトは段になっており、プライベート間のあるキャンプ場になっています。

近ヶ坂キャンプ場は2021年9月にできたばかりのキャンプ場なので、とてもきれいです。

近ヶ坂キャンプ場のおすすめポイントについて

実際に利用して感じたおすすめポイントについて説明します。

①開放感のあるキャンプサイト

キャンプサイトがとても広く、区画もかなり広く区分けされています。

なので他のキャンパーさんとの距離が離れているのでとても解放感があります。

②設備がキレイ

できたばかりのキャンプ場なので設備めちゃくちゃキレイです!!!

トイレ、水道など、いくらキャンプとは、設備ってキレイなほうが嬉しいじゃないですか!

特にトイレが汚れてたりするとテンション下がるじゃないですか・・・

近ヶ坂キャンプ場はトイレがキレイでしっかりと管理されているので安心です。

③水道からお湯がでます!!

なんと近ヶ坂キャンプ場の炊事場はお湯がでます!!

寒い時期にキャンプをする方ならわかると思いますが、冬のキャンプ場の水は痛いです。

針が手に刺さってるじゃないかってぐらい痛いです(笑)

冬の炊事場の恐怖を近ヶ坂キャンプ場なら回避できます!!

近ヶ坂キャンプ場に興味を持った方は別の記事で詳しくまとめているので見てください!

プライベート間のあるキャンプ場「オートキャンプinむじな」

YouTubeでも紹介しています。

基本情報

  • 住所:〒402-0201 山梨県南都留郡道志村9707
  • グーグルマップ:https://goo.gl/maps/A2GtxU8MqWB8dVgH9
  • ホームページ:http://camp-mujina.com/
  • 料金:テント代1000円 利用料金 大人:800円 子ども:600円 駐車代:1000円
  • 営業期間:冬季休業
  • サイト種類:区画サイト
  • 予約の有無:電話予約可能
  • チェックイン:13:00~
  • チェックアウト:12:00

オートキャンプinむじなは森の中にあるキャンプ場です。

キャンプサイトはすべて区画サイトになっています。

山の中にある区画サイトは木々に囲まれていてとてもプライベート間のあるキャンプ場です。

そしてオートキャンプinむじなから歩いて5分ぐらいの場所に「道の駅」があります。

「道の駅」にはレストランがあったり特産品が売っているので、キャンプごはんのお供にちょうどいいです。

オートキャンプinむじなのおすすめポイントについて

オートキャンプinむじなを利用して感じたおすすめポイント3つ紹介します。

①プライベート感のあるキャンプ場

オートキャンプinむじなの区画サイトは山の傾斜を利用してつくられています。

山の傾斜に沿って区画サイトがあるので、段々畑のように区画サイトがあるイメージです。

区画サイトが山の傾斜利用して階段にサイトがあるので、ほかのキャンパーさんの存在をあまり感じることなく、キャンプを楽しむことができます。

山の傾斜を利用して区画サイトは作られていますが、区画サイトのスペース部分は平らに整地されているので安心して利用できます。

②炊事場が各サイトについている

すべてのサイトにという事ではないですが、区画サイト内専用の炊事場があります。

自分が利用している区画サイトに炊事場があると、とても便利です。

自分たちの区画内に炊事場があれば、料理に使ったクッカーや、食器類を水につけ置きすることもできるので、本当に便利です。

③歩いて5分の場所「道の駅」がある

オートキャンプinむじなから歩いて5分ぐらいの場所に道の駅があります。

ここの道の駅はレストランや売店、屋台などがあります。

売店ではちょっとしたキャンプ用品や、薪・炭などの販売もしています。

そして漬物や特産品も売っているので、キャンプの朝ごはんにおいしい漬物が食べれます。

オートキャンプinむじなについてもっと詳しく知りたい方は別の記事で詳しく紹介しているので読んでみてください。

まとめ

ゆるキャン△やYouTubeの影響で山梨県内のキャンプ場が有名になりましたが、話題になったキャンプ場はかなり混んでいることが多いです。

人が多いとゆったりとできない場合もあります。

せっかく行くならゆっくりとした時間を過ごせるキャンプ場が良いと私は思っているので、同じ気持ちの方がいれば是非今回紹介したキャンプ場に行ってみてください。

-キャンプ, キャンプ場

Copyright© Arkブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.