キャンプ キャンプ場 河口湖

「河口湖でキャンプするなら絶対に知っておきたい」山梨県/河口湖にあるおすすめキャンプ場「河口湖ニューブリッヂキャンプ場」について

この記事はこんな方におすすめ

  • 河口湖でキャンプを考えている方
  • 河口湖でバス釣りとキャンプを両方やりたい方
  • 河口湖ニューブリッヂキャンプ場について知りたい方

河口湖でキャンプをしたい方に私のおすすめキャンプ場、河口湖ニューブリッヂキャンプ場について金額や設備について説明してきます。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場はキャンプ・デイキャンプ・バンガローが利用できますが、今回は宿泊するキャンプについての説明です。

実際に使ってみて良い点、悪い点についても説明しますので「河口湖でキャンプをしたい」と思っている方は読んでみてください。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場について

キャンプ場の場所について

河口湖ニューブリッヂキャンプ場は河口湖大橋の近くにあります。

到着したらまず、受付に向かいますが、入り口の場所が少し分かりにくいです。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場の入口は3か所あります。

①番の入り口は空き地の奥にあります↓

②番の入り口はアパートと畑の間にある細い道から入ります↓

③番の入り口は道路沿いにあって分かりやすいです↓

河口湖ニューブリッヂキャンプ場のチェックインについて

キャンプ場についたらまずは、受付に行ってください。

キャンプ場を利用する方は事前に予約を行ってください。予約は電話のみの受付になってます。

予約をしたい方は→河口湖ニューブリッヂキャンプ場のHP

チェックインの時間は13時からとなっております。13:00~21:00の間であれば受付してくれます。

チェックアウトは10時になります。10時チェックアウトはのんびりしていると間に合わないので早めにチェックアウトの準備をしましょう。

オートキャンプとフリーサイトの違いについて

出典:河口湖ニューブリッヂキャンプ場のHP

河口湖ニューブリッヂキャンプ場にはキャンプサイトが2種類あり、オートキャンプとフリーテントサイトがあります。

オートキャンプとフリーテントサイトの違いは金額とキャンプエリアが変わってきます。

金額については後ほど説明します。

オートキャンプは区画に番号が振ってあります。1~54番がオートキャンプサイトの番号になります。

テントは決められた区画内で設営する事になります。

区画は地面にロープで区切ってあります。写真だと分かりにくいので、線で囲いました。

オートキャンプサイトのメリットは車を自分が張るテントの隣に停める事ができます。

キャンプは荷物が多いので車が隣にあったほうが便利です!

湖畔側のオートキャンプサイトだと日陰が少ないので時期によって熱いです。(30番以降が湖畔側です。)

湖畔側は日陰が少ないので、キャンパーも少ないことが多いので人が近くにいるのが気になる方は湖畔側がよいかもしれません。それでもシーズンだと込むので早めに予約をしてください。

そしてバス釣りをする方は湖畔だとすぐに釣りに行けるのでおすすめです。

オートキャンプサイトの場合だと100VのAC電源をレンタルすることもできます。

フリーテントサイトは森の中にあるので、テントの近くに車を停めることはできませんので注意してください。

しかし森の中にあるので、日陰になっており過ごしやすいです。そして木が多いのでタープが張りやすいです。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場の料金について(2020年8月調べ)

料金=場内使用料+(オートキャンプサイト代orフリーテントサイト代)となります。

宿泊日数が増えるほど、その分金額が上がります。

まず場内使用料について説明します。場内使用料は人数分かかります。

場内使用料(1人/1泊) 税込み
中学生以上 850円
小学生 600円
幼児(1歳以上) 400円

次にオートキャンプ利用料金とフリーテントサイト利用料金について説明します。

キャンプをする場合はどちらかの金額がかかります。

オートキャンプサイト利用の場合

オートキャンプ利用料金(1区画/1泊) 税込み
使用料 3,800円
※100V AC電源 レンタル料 800円

※必要な方のみ

計算方法の例①として、大人2人で1泊キャンプした場合

場内使用料が2人分で1,700円(850円×2人分)

オートキャンプ使用料が1区画3,800円(2区画使う場合は料金は倍になります)

合計、5,500円(税込)となります。

計算方法の例②として、ソロキャン(大人1人)で1泊キャンプした場合

場内使用料が1人分で850円

オートキャンプ使用料が1区画3,800円

合計、4,650円(税込)となります。

フリーテントサイト利用の場合

フリーテントサイト利用料金(1張/1泊) 税込み
1人用 500円
2~4人 1,000円
5人以上 2,000円
タープ使用料※1 2,000円

※1 タープは利用する場合のみかかります。

大型テント(2ルームタイプ)を使用の場合は人数に関わらず2,000円になります。

計算方法の例①として、大人2人で1張/1泊・タープありでキャンプした場合

場内使用料が1,700円(850円×2人分)

フリーテント利用料が1,000円

タープ使用料が2,000円

合計、4,700円(税込)となります。

ちなみにですが、駐車代は無料で使うことできますが、オートサイトと違い車をテントの近くに止めることはできません。

計算方法の例②として、ソロキャン(大人1人)で1泊キャンプした場合

場内使用料が1人分で850円

フリーテントサイトの使用料がソロ用のテント(1人用)で500円

合計、1,350円(税込)となります。タープを張る場合は追加で2,000円かかります。

ソロキャンで料金を抑えたい方はフリーテントサイトがおすすめです。

ちなみにですが、キャンプ場はレンタルや販売もしています。

まき・炭も売っているので忘れても買うことができます。

レンタル品もかなりの種類があるので何か忘れ物がある場合はレンタルしましょう!

レンタル品が知りたい方は→河口湖ニューブリッヂキャンプ場のHP

河口湖ニューブリッジキャンプ場の施設について

トイレ

トイレは受付の裏側にあります。

トイレは結構広いです。中もキレイに清掃されてました。

急にトイレに行きたくなることもあるので、受付後トイレの場所を確認してください。

炊事場について

炊事場は各エリアにあります。なのでどこに泊まっても距離的に問題はないです。

出典:河口湖ニューブリッジキャンプ

地図上ののマークが炊事場の場所になります。

炊事場にゴミ捨て場もあります。燃えるゴミ、ビン、缶、で分別が必要ですがキャンプ場でゴミが捨てれるので家に持ち帰る必要がないです!

ゴミをキャンプ場で捨てる事ができるのはとてもありがたいです!!しかも網も捨てる事ができます!

注意点として発泡スチロールと段ボールだけ捨てることができないので注意してください。

自動販売機

受付の隣に自動販売機があります。

追加のビールや飲み物が必要な場合はかなり助かります!!

私も当日追加で飲み物が欲しく利用しました!!

しかしタイミングが悪かったのか私が使った時は水やお茶は売り切れでコーラしか販売してませんでした(笑)

シーズン中だと水やお茶は売り切れてしまうので、飲み物は多めに買った方がいいかもしれないですね。

キャンプ場から近場で買い物ができる場所について

キャンプ場付近で買い物が出来る場所はかなりあるので、困る事はあまりないとい思います。

オギノ(スーパー)河口湖店

オギノは山梨で有名はスーパーになります。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場から車で5分ぐらいで着きます。

営業時間も9:00~21:00と結構長く営業してますので、忘れ物や足りない物があれば買い足す事ができます。

クスリのサンロード(ドラックストア) 河口湖店

クスリのサンロード(ドラックストア)が近いのはめちゃくちゃありがたいです!!何かケガをしてしまった時や体調を崩してしまった時に応急処置ができるのでとてもありがたいです。

しかも営業時間が9:00~0:00なので本当に助かります。

各種コンビニ

キャンプ場から一番近いコンビニはローソンになりますが、すぐ近くにファミリーマート、セブンイレブン、コンビニはたくさんあるので買い物には困らないと思います。

釣具店(ベイト&タックルキャリル)

河口湖から一番近い釣具店です。キャンプ場からも近いです。

河口湖はワームの使用ができません。なのでハードルアーかポークルアーを使います。普通のお店だとポークルアーの種類が少ないですが、キャリルはポークルアーの種類が多いので是非寄ってみてください。

キャリルだとなかなか手に入らないジャークマジックというポークルアーも売っているのでおすすめです。

河口湖ニューブリッヂキャンプ場の注意事項

キャンプ場での直火は禁止

河口湖ニューブリッヂキャンプ場は直火禁止です!

必ず焚き火台やコンロを持参しましょう!!

カマドを借りる事ができるので、どうしても直火が良いという方は借りてください。

ペットと一緒に宿泊OK

河口湖ニューブリッヂキャンプ場ではペットと宿泊OKです!!

ペットを飼っている方でも安心してキャンプを楽しむことができます。

しかし吠え癖のついているワンちゃんの場合、周囲のキャンパーの迷惑になってしまいます。トラブルの原因にもなりますので吠え癖のあるワンちゃんはペットホテルなど、かわいそうですが預けるようにしましょう。

河口湖ニューブリッジキャンプ場からの注意事項

  • オートサイト、バンガローは予約が必要ですが、キャンセル料がかかります。(2週間前~当日50%、当日100%)
  • 指定の場所以外での直火、花火、発電機、カラオケ、その他利用規制があります。管理人の指示に従ってください。
  • ペットはリードでつなぎ、排泄物の処理は責任をもって行ってください。無駄吠えをさせないようにしてください。
  • 22:00~6:00まで就寝時間のため、場内へ車・バイクの出入りはできません。駐車場を利用して静かに出入りしてください。
  • 22:00~6:00まで話し声、ラジオなとのボリュームは控え、静かな夜をお楽しみください。
  • 人為的あるいは自然災害による怪我や事故、物品の盗難や損害に対して一切責任を負いません。貴重品管理は各自で。
  • キャンプ場設備や備品、貸出品を損壊あるいは著しく汚した場合、修理代やクリーニング代を請求します。
  • 迷惑行為、目に余る行為、管理者の注意無視、けんか等のマナー違反があった場合は退場し、料金はお返しできません。

出典:河口湖ニューブリッヂキャンプ場のHPより

ニューブリッジキャンプ場の利用して感じた良いところ、悪いところ

キャンプ場の良いところ

  • ゴミをキャンプ場で捨てる事できる。

キャンプ場でゴミを捨てることができるのはかなりメリットです。注意点として、段ボールと発泡スチロールの箱は捨てる事ができないので気を付けてください。

  • 河口湖ニューブリッヂキャンプ場の周りに買い物出来る場所が多い

車で5分圏内でスーパー、コンビニ、サンドラッグが近くにあるので、急な買い出しなど現地で買い物ができるのでメリットです。

  • 河口湖の湖畔に近い

キャンプエリアから歩いてバス釣りに行くこともできます。橋の下のポイントは釣れやすいのでおすすめです。

ちなみに河口湖ニューブリッヂキャンプ場の受付で遊漁券を販売しているので便利です。

  • 炊事場やトイレがキレイ

炊事場やトイレがちゃんと管理されているので、とても使いやすいです。

キャンプ場の悪いところ

  • 少し値段が高いです。

もう少し安ければ文句なしです!

  • チェックアウトの時間が10時と少し早い

10時だと朝食を準備して少し休んでいるとすぐに10時になってしまいます。せめて11時だとありがたいです。

まとめ

河口湖ニューブリッヂキャンプ場はゴミを捨てる事ができ、利用できる施設もキレイなキャンプ場になります。

管理人さんたちがキレイに清掃してくれている事もありますが、キャンパーさんたちが気をつけて利用しているからだと思います。

最近Twitterなどで、キャンプ場を利用するマナーが悪く、今まで利用する事ができた場所や、物が利用できなくなっています。なので利用する側もマナーに気を付けて利用しましょう。

休みを利用してせっかくキャンプに来たのにマナー違反をして注意されたり、マナー違反をしている人をみて嫌な気持ちになるのはテンションが下がってしますので利用する皆様にとって何もメリットがありません。なのでルールを守って利用しましょう。

    -キャンプ, キャンプ場, 河口湖
    -, ,

    Copyright© Arkブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.