ゲーリーヤマモト バス釣り ワーム

「初心者必見」ゲーリーヤマモトのハートテールのインプレについて!重さやおすすめフック/カラーについて説明します

ハートテール
本記事の内容について

 

・ハートテールの使い方について

 

・ハートテールのおすすめカラー

 

・ハートテールのおすすめリグについて

 

GaryYAMAMOTO(ゲーリーヤマモト)から発売されているハートテールについて説明していきます。

ハートテールは巻いて使う事が基本になるワームです。

ゲーリーーヤマモトの商品なので、抜群の安定感と信頼があるシャッドテールのワームになります。

そんなハートテールについて重さやおすすめのフックや使い方、カラー選びについて説明します。

そして実際に使ってみて感じたおすすめポイントも紹介します。

さらにゲーリーヤマモトのハートテールの口コミもいろいろ集めてみたので、まだハートテールを使った事がない方や、使い方などさらに詳しく知りたい方は読んでみてください。

ゲーリーヤマモト/ハートテールの重さ/スペックについて

ハートテイルのスペックについて
サイズ 3.5インチ 5インチ
1パック当たり 5本 5本
カラーの種類 10種類 10種類
推奨フックサイズ #3/0~4/0 #5/0~7/0
重さ 約12g 約19g
市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテム。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現したワーム

ハートテールにはいろいろな工夫がされています。

ハートテールの形は平ぺったくなっています。平ぺったいボディによりバランスを保っています。

また、バランスを保つための工夫として、ボディの下半分に塩が入っており、上半分には入っていません。そうすることにより、バランスが保てるようになっています。

ハートテールはスリッドが大きく入っていて、フッキングがしやすくなっています。

スリッドが入っていると、バス釣りがくわえた時にフッキングした際に、ハートテールのワームがキレイに反って針がワームから突き出やすい構造になっています。

ハートテールのおすすめフックサイズ・リグについて

ハートテールのおすすめフックサイズとおすすめのリグり方について説明します。

フックサイズについて

フックサイズは推奨フックサイズを使えば問題ないです。

ハートテール3.5インチは#3/0~4/0がちょうどいいです。

ハートテール5インチは#6/0がおすすめです。

このフックサイズに合わせて、ラバージグやウェイテッドフックのサイズを選んでください。

ハートテールのおすすめリグについて

ハートテールの1番のおすすめリグはノーシンカーです!

他のシャッドテール系のワームはノーシンカーだとバランスが悪く、うまく動かなかったり、クルクル回ってしまう物が多いです。

しかし、ハートテールはノーシンカーでもしっかり泳ぐすばらしいワームです。

ハートテールはノーシンカーでも使えるように考えて作られたので、まずはノーシンカーで試してみてください。

ノーシンカーで使えるシャッドテール系のワームでトップクラスの動きをしてくれます!

次におすすめのリグり方はラバージグです。

ラバージグに付ける事により、飛距離も上がり、ボトムを探りやすくなるので、ノーシンカーと良い使い分けができます。

ハートテールのおすすめカラーについて

#364N/364 パールホワイト

パールホワイトは私的には1番好きなカラーです。

ちなみにですが、カラー番号の後ろにNがついているの物はノンソルトになります。

パールホワイトは水中だととても目立つカラーになります。

しかし、チャートカラーと比べてベイトフィッシュに近いカラーをしているので、とても使いやすいです。

水が濁っているときにおすすめです。

341N/000 ダークブラウンブルーギル/クリアー

この色はブルーギルをイメージさせるカラーです。

ハートテールはスローで巻いたときのワームの波動がブルーギルに近く、カラーもブルーギルカラーなので、ブルーギルを捕食しているフィールドにおすすめです!

市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテム。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現したワーム

#343N/000 ウォーターメロンブルーギル(ノンソルティ)/クリアーラミネート

どのワームで人気のあるカラー、ウォーターメロンです!

ウォーターメロンは水中に入ると良く馴染むカラーになります。バスから見るとぼやけて見えます。

このカラーのハートテールは下半分がクリアカラーになっています。

ハートテールはジャークした時にうねるような動きをするので、バスからすると急に出てきたり、消えるような見え方をするそうです。

なのでこのカラーは反射で食わせるのに向いているカラーになります。

ハートテールの使い方について

ハートテールの使い方はノーシンカーで表層から中層を狙う使い方とラバージグでボトムを狙う使い方がおすすめです。

ノーシンカーの場合は巻くスピードによってハートテールの動き方が変わるので、スローで巻くか早く巻くか調整しながら使ってください。

ボトムを狙う場合はラバージグなどを使ってボトムを狙ってください。

ラバージグを使いボトムをズル引きしても、しっかりとテール部分が動くのでアピールできます。

また、リフト&フォールでも効果を発揮するので、フィールドに合わせて使い分けてください。

実際に使ってみたおすすめポイント

ノーシンカーでも使える!

いろいろなシャッドテール系のワームはありますが、ノーシンカーで安定して使える物は少ないです。

ノーシンカーだとバランスが悪かったり、変な泳ぎ方をしてしまうシャッドテールを結構あります。

ノーシンカーでバランスがとれないシャッドテールのワームはジグヘッドにしたり、ラバージグを使ったり、ウエイテッドフックを使ったりします。

しかしハートテールはノーシンカーで使っても抜群の安定感がでます!

市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテム。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現したワーム

巻きスピードで動き方が変わる!!

ハートテールは巻くスピードによって動き方が変わります。

ゆっくりまくとテールだけ動きます。

少し早めに巻くと頭もフリフリと動くようになります。

状況に応じて、動き方を合わせる事ができます。

ハートテールの口コミについて

口コミ①

素晴らしい動きだが、強度がもっとほしい。

動きの良さは間違いないです。

強度は弱く感じるかもしれないですが、いろいろあるシャッドテールの中でもは強い方だと思います。

口コミ②

飛距離も十分。ノーシンカーで使いましたが釣れるワームです

3.5インチでも約12gあるので、飛距離はかなり出しやすいです!

口コミ③

ノーシンカーで簡単に使う事ができるので、初心者の私でも釣る事ができました。

ただ巻きで使う事ができるので、初心者の方でも簡単に使う事ができます。

市村直之が琵琶湖をメインステージに長いテスト期間を経て開発したアイテム。発色鮮やかなノンソルティ素材をボディの上部に、スイムバランスを安定させる従来の高比重ソルティ素材をボディの下部に配置することにより、ハート型のテールが生み出すギル波動で、比類無きスイミングアピールを実現したワーム
口コミ④

とても良いワームですが、ブリスターケースがかさばります。

シャッドテール系のワームはブリスターパックに入っている物が多いです。

かさばって大変ですが、ブリスターパックがないとテールに変なクセが付いてしまい、本来の動きをしなくなってしますので、どうしても必要になりますよね。

まとめ

ハートテールはただ巻きでも釣る事ができるとても使いやすいワームです。

そして、いろいろな使い方ができるワームです。

釣果を上げるため、選択肢の1つとして、カバンの中に入れておきたいワームの1つです。

是非使った事のない方は試してください。

-ゲーリーヤマモト, バス釣り, ワーム

Copyright© Arkブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.