キャンプ キャンプ道具 ギア

「おすすめ」Naturehike(ネイチャーハイク)のインフレーター枕のレビューします

Naturehike(ネイチャーハイク)の枕

今回はNaturehike(ネイチャーハイク)の枕についてレビューします。

この記事はこんな方におすすめ

 

  • キャンプ用の枕を探している方
  • Naturehike(ネイチャーハイク)の枕が気になっている方
  • 枕の使い方が知りたい方へ
  • 持ち運びに便利な枕を探している方

 

Naturehike(ネイチャーハイク)の枕はインフレーター式の枕で空気を入れて使います。

また収納するときは空気を抜いて使う、アウトドア用の枕です。

とても便利で、コスパの良い枕です。

興味がある方は是非読んでみください。

文章で観るのがめんどくさいと思う方はYouTubeでも紹介していますので、動画で観てください!

Naturehike(ネイチャーハイク)/枕のサイズについて

膨張前サイズ:約 390x250x15mm

膨張後サイズ:約 270x460x95mm

ダブルストレッチ布、TPUエラスチン生地、上質なスポンジ採用。枕の高さも調整できます。

サイズですが、膨張前も後もしぼみ具合や、膨らみ具合でサイズが前後するので、参考程度にみてください。

Naturehike(ネイチャーハイク)/枕の使い方について

枕の使い方について説明します。

使い方はとても簡単なので安心してください。

まず枕にバルブが付いているので、バルブを緩めてください。

バルブを緩めると自動的に空気が入ります。

枕の高さが6cmぐらいになると、空気が入らなくなります。

バルブを緩めれば、枕として使う事ができます。

6cmぐらいの高さでは物足りない方はバルブを緩めた状態で、バルブを口でくわえて空気を送り込んでください。

そうすると最大で11cmぐらいの方まで大きくなります。

自分の寝心地が良い高さになったらバルブを閉めれば完成です。

誰でも簡単に使えると思います。

Naturehike(ネイチャーハイク)の枕使って感じメリット

実際に Naturehike(ネイチャーハイク) の枕を使ってみて感じたメリットについて説明します。

メリット①コンパクト

1番のメリットはコンパクトな所ですね!

私はアウトドア用で使っていますが、使い方としては車内でちょっと休憩するときなど、枕があると最高ですよね?

ただ、普通の枕って結構大きいので邪魔になって持ち運ぶ気にならないですよね?

しかし、 Naturehike(ネイチャーハイク) の枕は小さく収納することができるので、ちょっとしたすき間に入れて持ち運ぶことができます。

小さく収納できるのは最大のメリットですね。

メリット②安い

次のメリットは金額が安い事ですね。

私が買った時はamazonで2100円ぐらいでした。

ダブルストレッチ布、TPUエラスチン生地、上質なスポンジ採用。枕の高さも調整できます。

この値段でこのレベルの枕なら問題なしです。

メリット③収納がラク

コンパクトに収納できるのはとても大切な事です。そして、もう1つ大事な事は収納する時はどれだけ簡単にできるかという事です。

枕を使い終わって収納するときに収納作業がめんどくさいと嫌になりますよね?

例えば特殊な折り方をしないとキレイに入らないとか・・・

でも安心してください! Naturehike(ネイチャーハイク) の枕は簡単収納できます。

枕のバルブを緩めて空気の抜きながらクルクルと巻くだけです。

それだけで、付属品の収納袋にも簡単にしまう事ができます。

メリット④触り心地が良い

枕の頭を乗せる側の面が布のような素材が使われており、触り心地が良いです。

空気を膨らませて使うタイプの枕は、値段が安いものだと表面の素材がビニールだったりすることが多いですが、 Naturehike(ネイチャーハイク) の枕は違うのですごく使いやすいです。

Naturehike(ネイチャーハイク)の枕使って感じデメリット

Naturehike(ネイチャーハイク) の枕を使っていて感じたデメリットについて説明します。

デメリット①口で膨らます

1つ目のデメリットは口で空気を膨らます事ですね。

私の理想としては自動がMaxまで空気が入ってくれると最高なんですが、この枕はある程度の高さまで空気が入ると口でくわえて空気を入れる必要があります。

私的は口でくわえる事に少し抵抗があるので、ちょっと残念でしたね。

2000円代で完全自動で空気がMaxまで入ったら最強枕でした。

デメリット②破れたら使えない

枕が少しでも破れてしますと使えなくなります。

私はキャンプ用に使っているので、何かの拍子に破れてしまうこともあると思います。

Naturehike(ネイチャーハイク) の枕を空気をれて、風船のように膨らませて使うので、少しでも破れてしまうと空気が抜けて使えません。

1度破れると補修して使うのは難しいと思うので、デメリットだと感じました。

まとめ

コスト的に考えるとすごく良い枕です。

2,000円ぐらいでこのレベルの収納できる枕が使えるなら文句なしですね。

ただ、値段を気にしないで高品質の枕が使いたいという方であれば、別の枕を探して使った方が良いと思います。

コスト重視で、使用に問題ない枕を探している方であればおすすめです。

興味がある方は是非使ってみてください。

-キャンプ, キャンプ道具, ギア

Copyright© Arkブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.